水道工事店でも給湯器の交換はおこなっております。

こんにちは



先日、ご近所のお客様よりご依頼があり現場に行ってきました。



なんでも、浴槽にお水をはるとすぐに水が抜けていき、風呂釜がある路地が濡れてくるとのこと。




現場に行ってみると確かに裏の路地が濡れた痕跡がありました。



原因として考えられるのは



①浴槽のゴム栓またはゴム栓を取り付けるための金具からの漏水



②風呂釜の水管や水管を取り出しているゴムパッキンでの漏水



③風呂釜自体から漏水



現場の状況、調査やお客様の話から③が原因であると考えました。



以前から別件でお客様を訪問しているときから



いずれ給湯器を交換しないと・・というお話しを聞いておりましたので  ※風呂釜≠給湯器



(このお客様のお宅では風呂釜(自然循環タイプ)と給湯器がそれぞれ独立して設置されております。)



強制循環で追いだきができ、しかも自動湯はりができる給湯器をおすすめ致しました。



簡単にいいますと風呂釜+給湯器+自動湯はり機能みたいなものです。



工事前

画像


上、給湯器 下、風呂釜が独立して設置されております。



工事後

画像


省エネタイプの給湯器(エコジョーズ)ではないものを今回は選択されました。



ご主人がお風呂にはいるときに「これええわぁ~」と言ってくれてるみたいです。



給湯器の交換の際にはガス屋さんと頭に浮かぶ方が多いみたいですが水道工事店も選択肢に入れてみて下さいね。



現場:住之江区  



使用製品:GT-2450SAWX BL(ノーリツ)



住之江区・阿倍野区・水漏れ・詰まり・水道工事・水道修理・小川工業


小川工業では地域密着、小さな工事のお客様を大切にしております。

小川工業
〒559-0006
大阪市住之江区浜口西2-8-12
TEL:06-6678-0916 FAX:06-6678-0916

HPアドレス:http://www.paw.hi-ho.ne.jp/ryu_ichi-ogawa/
営業時間 8:00~19:00

定休日:
日曜日・祝日


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック